2015年09月14日

ナルト疾風伝☆テンテンの見た世界はパラレルワールド!?

普通の〝無限月読〟と違い、〝記憶〟がありました。

ここがポイントで、テンテン自体は、〝無限月読をくらうと記憶まで改ざんされてしまう〟ことは、分からないでしょう(^^♪ 統計取っていないから

登場人物に〝意思‐過去〟と〝ドラマ〟があったので

これはもう、〝幻術〟ではなさそうです。


ビッグバンがあり、忍び世界が生まれ、そして、ちょっと歩みが変わったことで、〝このような世界〟ができた・・・可能性はありそうです。 (こういう別世界を考える時は、時間の矢に沿って〝決定的な変化〟をいくつか挙げて想像すること。)

逆に、無限月読は、好き勝手、何でも改ざんしまくります。

次回は、この差異について見てみましょう。


てかこのパターン…。

かけた本人も、びっくらこくのでは・・・。(マダラがテンテンみたいになった場合。)


単なる幻ならば何してもいいけど、〝無限月読の幻〟より〝多世界という幻(私たちの世界もある種蜃気楼‐現実 ※普通の現実世界のこと)〟の方が〝圧倒的にリアル〟ですから(笑)

見分けがつかなかった稀有な例、これが厄介。

一般の無限月読ですら、〝相手に意思〟がありますので、次回、この原因を考えましょう♪
ラベル:ナルト疾風伝
posted by アニメとど at 19:33| NARUTO | 更新情報をチェックする