2014年09月12日

黒子のバスケ☆別名〝手品のバスケ〟

私は、スポーツに疎いので

そっちの解説は、期待しないでください('◇')苦笑

で、バスケの魅力ですが

球技嫌いの私でも、ボーリング(転がす方)は好きでした。(あんまうまくないけど(^^♪(笑))

バスケも似ていますよね。なんか。

器用じゃないから無理なのですが(笑)

すこーん(・∀・) と入るのはいいですよね♪
posted by アニメとど at 22:14| 黒子のバスケ | 更新情報をチェックする

2014年09月13日

黒子のバスケ☆〝勝った方が強い〟第2シーズンで・・・

正邦戦終了後に聴きました。

問題は、ウィンターカップ。

あいつの登場により、この場合は・・・となりましたね。

〝どんな手を使ってでも〟木吉先輩を病院送りにした

あの試合は

そのセリフの枠を超えてましたね。

正邦は、フェアで素敵なチームだったということです♪
posted by アニメとど at 19:43| 黒子のバスケ | 更新情報をチェックする

2014年09月14日

黒子のバスケ☆緑間が負けた理由

第2クオーターで、シュート見せまくったからでしょう(笑)

キセキの世代は、確かに皆 ズレている(爆)

とっておきはそう何度も連発するもんじゃない・・・

少年漫画のお約束ですが(・∀・)

この漫画は、バトルバランスがほんっとうまく考えられてますよね。

3Dゲームにして、特性・個性を再現したら面白いことになりそう(笑)

そういえば、題名の〝Q〟は〝『勝利』ってなんですか〟らしい〝Q〟でもありますよね♪
posted by アニメとど at 19:38| 黒子のバスケ | 更新情報をチェックする

2014年09月15日

黒子のバスケ☆残り3秒で べらべらしゃべる緑間君(笑)(笑)

こういう演出、地味に大好きです(笑)

アニメの世界には、標準とは違った視点が取れますので、見てて飽きません。

黒バスの魅力は、モーション・アングルがカッコよく明快に見えて

キャラの心理状態も分かるので

スポーツ観戦楽しめない私でも、全く問題なく楽しめます。

そういう意味では、(関心のある人はもとより) 本来興味のない人にこそ、可能性が開けるというのが、統合的なベクトルを伴ったコミュニケーションの分野だと思います♪
posted by アニメとど at 21:06| 黒子のバスケ | 更新情報をチェックする

2014年09月16日

黒子のバスケ☆黄瀬が黒子から学ぶ青峰の実感

〝勝てるかどうかわからない今の方が気持ちいい〟

黄瀬君は、黒子っちの一生懸命さに導かれて

青峰っちの気持ちが分かったわけです。

ふみゅふみゅ。よい試合じゃった(・∀・)
posted by アニメとど at 22:25| 黒子のバスケ | 更新情報をチェックする

2014年09月17日

黒子のバスケ☆黄瀬の株を上げたのは誰!?

〝コピー〟と言うと

昔から〝まねっこだ〟って、伸びないイメージあったけど(笑)

やはり、カカシ先生でしょう。

黄瀬君がいかにギリギリなのか

こういう特殊能力を解り易く洗練した少年漫画に乾杯!!
ラベル:ナルト疾風伝
posted by アニメとど at 22:33| 黒子のバスケ | 更新情報をチェックする

2014年09月18日

黒子のバスケ☆〝周りに頼るのは弱いことではなく強いこと〟

つまりは、プレッシャーを感じるからでしょう。

青峰が だる~ん ってたのは、これの欠如が原因です。

プレッシャーを避けるのが、戦いの基本戦術ですが

ハウルの動く城 の名台詞曰く、生きることは重いことです。

それは、良いという意味で、いつでも重いのです。

想いのです(笑)

人を信頼する重さ、そこから広がる人生、選択肢。

プレッシャーの大小両道の〝中道〟をゆくことで

気抜け、重圧のどちらにも屈することなく、人は、変わってゆくのだと思います。
posted by アニメとど at 22:01| 黒子のバスケ | 更新情報をチェックする

2014年09月19日

黒子のバスケ☆運命めぐる スポーツマンガ!!

すごいのは、純ファンタジーのワンピースのように

〝運命の歯車〟的要因が存在していることです。

〝ゾーンに入る〟ことからも分かるように

微細的・精神的要因もカバーしており

これは、歌手のステージ等に共通するものであり

ケン・ウィルバーが〝ケンタウロス〟と呼んだものでもあります。(厳密には状態寄り心身。)

こういった〝超集合的〟事象、つまり、直観的な事象は

現代の先端をゆく〝謎〟であり〝スポーツ〟を新たな側面から問うことにも一役買っています。

運命から導かれた〝チーム(仲間)〟が、思想をぶつけ合い、とんでもないことになっているのが

この作品の最大の魅力だと思います。

もちろん、ゆくべきところに向かっているとの意味で です(・∀・)
posted by アニメとど at 20:23| 黒子のバスケ | 更新情報をチェックする

2014年09月21日

黒子のバスケ☆みんなで〝キセキの世代〟になろう!

アラバスタ編でチョッパーにゾロが呟きました。

少年漫画でよくある視点ですが

ひとりが、とてつもない力を発揮して

初めて、チームとしてまとまる、ということです。

対 青峰君リベンジ直前

懐かしくもある、そして、敗戦後2人がやったことでもあり

いつでも有効で、ポピュラーな流れです。

相対多面的に〝個〟を認識できるすばらしさ

ってことでしょう('◇')
ラベル:ONE PIECE
posted by アニメとど at 20:22| 黒子のバスケ | 更新情報をチェックする

2014年09月22日

黒子のバスケ☆リンキングマンガ!

スポーツマンガでは珍しい〝王道バトルもの〟ですが

従来のそれが〝王道ストーリーもの〟と呼ばれ

バトルのみに制約されなくなったことから

ハンター×ハンターなどは、GI編で〝スポーツ対決〟とかやりましたね(笑)

その流れを受けて、ジャンプ初のこういう漫画ができました。

こういうのが本来の〝リンキング〟の役割であり

〝スポーツを知らない人が楽しめる〟と、視野を広げる役割をします。

〝あきらめることをあきらめろ〟〝はーくいしばれ〟らせん技、100%、その他もろもろ…

思い出深いセリフは洗練して使っているし、バトル漫画の物差しを用いているので

文化的〝スカウター〟の役目もしています。(スポーツは、これがなかなか測りにくい。GI編の逆輸入。)

少年漫画を分かっている漫画です(≧▽≦)
posted by アニメとど at 21:01| 黒子のバスケ | 更新情報をチェックする