2014年10月28日

ハンター×ハンター☆ついに明かされる感動の最終回!

キメラ編のユピー激闘辺りで漫画ストップしてて

噂ではキメラ編完結しているらしい。

そういう感じではや数年。

今にして思えば、アニメ化の時点で、選挙・アルカ編完結ないし見込んでて

そこを中心に、一から作っていったって感じ?

ここ数か月のハンター×ハンターはおもしろすぎて

何も言えなくなるほどに、ただ毎週、画面に食いついてた。

世界樹は、今私が書いてる小説〝緑の縞猫〟に出てくる〝ふしぎな木〟に似てる!

大樹で異世界の代表は、DQMやけど、私的には、これを成長させてから・・・って話をやりたくなる。

そして、今日は、大好きな人の誕生日。

これもまた共時性。これもまた、宇宙の神秘。

いや、マジで、キルアの言う〝偶然の重なり〟体験できるんだって(笑)

パラレルワールドに行ける方法って題で、論文(@_@。書いたけど

あれ、意識を強化して気づきを高めていくと・・・

大切なのは〝真の意味でやさしく〟なること!

これがヒケツ。

そう。ジンは言う。

で、あれほどの最終回なんやけど

実は、もう、ジャンプの風潮が〝過程を…ないし流れる〟になってて

ゆっくり続ける、と。

ナルトも、六道仙人編やってほしい。(アニメ派の予測。)

つまり、まだ続く。

異世界(異界)という印象を受けたが

当然、幽白路線(オカルト)から導かれる新章(科学)とすると

要するに、魔界編ということらしい。

〝しまねこ〟では、ふしぎな木を成長させると・・・ って感じ。

トリコも、異世界(グルメ界)やし、異世界と親和は絶妙やからね。

パラレルワールドは、私たちの直接認識(とそれに最も近い論理的説明)だから

ハンター×ハンターでは、その意識的直観と経験から始めて、あえて、タイムパラドクス的方向に行かず

異世界の方向に行くんだね。

ジンのメッセージを聞くと

私の〝とどのパラレルワールド〟も、広めるなら広めるで良いし

どうにかなるなら、それも気軽に受け入れたらいい。

すべてを背負うことはないのだと思った。

ワン・テイストっていうのは、アクセス方法が無限にあるので

なるほど・・・(・∀・)

最強の最終回だが

90年代と違い、原作ライフ型(持続型)になってるから

原作が進むと、またこの最終回の意味が変わる。

どうせなら原作が終わってから、は、上記より推奨されず

決して完璧にいかない関係の中、原作は絶妙にアニメになる。

未来に、続編がアニメ化されても、見れる環境があるとは限らないし。

メディアも変わりそうだしね。

キメラ編長かったからなぁ(笑)(笑)

でも、完全に閉じて終わらないからこそ、すんごい最終回になる!

〝長期連載では枷になる設定〟をしない漫画、ハンター×ハンターを、長期的に構想して

コツコツと進めてきた作者のゴン君的意志には、感服する。

バクマンで触れられていないのは、むしろ亜城木夢叶に近いから。

なので、あまり内容を理想化することなく

適切な距離を持ちつつ、生涯愛していけばいいと思うよ。

作者も急いでないのだし。

付記すると

私的に言う〝慣性系〟が

この漫画では、進化してゆく。

最初は、ゴン君はただの少年だった。

いわゆるチンピラ風の登場人物に囲まれる。

天空闘技場編では、未知の力と目標という、新たな世界空間の中を命がけで走る。

ヨークシン編では、社会、仲間、敵グループ、文化や意識、あらゆるものが交錯する〝複雑系世界〟の中のリアルタイム劇。

GI編では、憎しみとかを超えて、ただそれを求めるという、ある種、情報社会の最先端からくる洞察力に彩られる、経験的進化。

キメラ編では、人の寿命、命、善や悪、あらゆる〝常識〟が融和して、生きるという存在だけが、強く意識される、根源的シビアな世界。

選挙編では、超意識自体を脱同一化し、闇側ですら私たちの最先端の〝願い〟で出来ている、非常に成長志向なものであることを見る。情報が私たちの内面と深くかかわる〝高度〟な領域を示しているのであり、ジンがひょろっと出てきたのも、今までなら〝絶対に会えない〟という慣性系が覆されたことを意味している。

そして・・・。

ワンピース派の私だが(自分のペースで見れるのが理由)

ナルトと、3つの漫画で、科学的な真実の最先端を文化として先陣切って切り開いてるのは、紛れもなくハンター×ハンターだ。

要は、全く寂しさを感じない暖かな都会、ということが分かるほどの、意識認識の洗練がこの漫画に込められている。

作者自身が、いくつかの認識をうまいこと客体化し、人生に対して〝急がないこと〟の真実を見た―――。

ウィルバーが〝内面が深くなるほどより世界のことを心配する〟と言ってるけど

その通りだと思う。

この漫画は、世界の闇とそこに交錯する光に対して〝構造(深さ)〟を配慮することにためらいがない。

ただ、私としては、年上世代の日本人でここまで意識的に分かりやすい深さ(世界)を〝科学的に〟提示してくれる人は、かなり稀有。

私が、今日の最終回を迎えて、一番に思ったことは

〝このまま、意識と世界に対して心配(不安)を維持しながら、心が重く遅い時に少しでもより明晰な判断ができるように、何らかの意識をしていこう〟

不安になるのはしょうがない。ハンター×ハンターはそうやって生まれているのだから。(最終話直前のあれ。)

一話前が、実質ゴン君の最終回。最終回が、ハンター×ハンターの。

温泉じゃないけど、チャリでゆったり遠出する感じ。その匂いに、不安と安心が入りまじったような。

この漫画は、ワンピースと違い、こうやって永遠に議論してたくなるので

作る方も大変だったろう(笑)

というわけで

ここに、とどの〝ハンター×ハンター〟アニメ完結記念(・∀・) を記しておこう。

なは(笑)


というか、ゴトーさんって、キリコだったの??(笑)

&スピンの故郷!!
ラベル:hunter×hunter
posted by アニメとど at 23:03| Comment(0) | HUNTER×HUNTER | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

ハンター×ハンター☆レオリオ ばーさんにモテる♡

やはり、ムードメーカーで暖かなレオリオさん(・∀・)

のお話をせぬわけにはいかんでしょう。


ドキドキにたくクイズぅ ←のばさない方のもいい

の方のばーさんですが

さっすが、医者(志望)で、介護もかじっているであろう

高齢化社会にやさしいキャラの

レオリオさんでした。


にしても、ぼう当たったらどないしとったんしょ? 寸止め??


----------------------------

というわけで ハンターハンターの2巡目解説です♪

このアニメは ゆったりほのぼの観にくい〝シーン〟が あることはありますので、いわゆるよく知る年代ファンとして、明るく楽しく見ることができる時に観る〝おやくそく〟にて、2巡目です(・∀・)
ラベル:hunter×hunter
posted by アニメとど at 16:16| HUNTER×HUNTER | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

ハンター×ハンター☆魔獣キリコさんのすてきな〝選別〟

魔獣、ユピーさん

魔獣の血をひいている、ユピーさんω

思い出してくださいね。


あのときの選別は、間違っていたし、大変だったよなぁ…。


比べちゃってください。

わずか2話で、ぶっとんだ魔獣が出てきました。

雇われ試験管様でした。


すてきな選別でみなハッピーになっちゃって、次もキルアがお世話になりまする。

ちょっと、キーポイントです。


って、もう1エピソードあったっけか!????
ラベル:hunter×hunter
posted by アニメとど at 07:27| HUNTER×HUNTER | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

ハンター×ハンター☆レオリオクラピーがワンピースを読んだなら

レオリオさん・・・富と名声 にグッとくるそうです

クラピカ・・・信念 に湧きあがるものがあるようです



(地下へのエレベーターシーンのセリフより解釈)


ここのセリフは、分けて言った方が、アニメはいいからね。


テーブル回して(笑)
ラベル:hunter×hunter
posted by アニメとど at 13:06| HUNTER×HUNTER | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

ハンター×ハンター☆行く末気になる〝2大レッドアイ〟

〝アイ=愛〟が深い、もう一つの忍者の世界に存在する、とある一族…。

少なくとも、私達文化的象限に存在する〝ファンの世界〟に在る


この2つの、最後まで行く先を見届けねばならないという、まだ見えないストーリー・・・


2つの超王道作品が、このある種分かりにくくて、多くの当時の親辺りに(バクマン的に言う)迷いを生じさせてしまいそうなテーマを、(シンプルな共通設定重心にて)互いに平等に取り入れてアピールしたので


青少年時代でも、焦らず安心して見れましたよね♪


次回もこれ関連のエピソード


(×NARUTO。開始年代はちょっとだけ違うけどω)

posted by アニメとど at 11:03| HUNTER×HUNTER | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

ハンター×ハンター☆クラピカ 赤目の同胞を〝心配する〟

〝うちわもめ〟をしないようにと言ったのはクラピカでした。

この時代の王道アニメに接していた(今の)私世代的には

クラピーのこのセリフは、うちわの家紋がすてきな、もう一つの赤目の人々に

心配を表しているような感じもするので


文化的に、ということにはなりますが


すてきです(・∀・)
ラベル:hunter×hunter
posted by アニメとど at 21:58| HUNTER×HUNTER | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

ハンター×ハンター☆トンパは犯罪者じゃない!

トリックタワーのやり取りで、特にトンパがセドカンに〝なるほど〟的な目線をしていたところから

トンパというやつのやっていることが、犯罪になっていない

正規の社会活動の中で許されている、という部分が

ハンターハンターを読み解くうえで、念能力とは無縁の一般世界を知る貴重な手掛かりになる

と、何となく思いました。
ラベル:hunter×hunter
posted by アニメとど at 10:17| HUNTER×HUNTER | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

ハンター×ハンター☆投げる刀を受け取るヒソカの秘密!?

素手で受け止めたのだろう…。

と、子ども時代からずーっと思ってきましたが


もしかしたら、キルアと取りこぼしを防いで受けたあのバケモノ玉と同じく

バンジーガムを発動していた…という線も、十分にあり得るでしょうね。


ヒソカ、カストロ戦のように、傷おっていました(?)し。
ラベル:hunter×hunter
posted by アニメとど at 10:00| HUNTER×HUNTER | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

ハンター×ハンター☆レオリオが〝生きてる方に100時間〟賭けてたら

50時間全部賭けてたら...100時間!?の意味です(^^♪


自信薄なのですが

この場合、109時間ほどになった後

マジタニフランキー君が気絶し続けて、そのまま残り時間ずっと待たされていた…


という、笑えない残念な展開になっていた可能性も―――


あるんじゃないかな?????


つまり、レオリオは、あれでよかった!!!!!
ラベル:hunter×hunter
posted by アニメとど at 07:13| HUNTER×HUNTER | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

ハンター×ハンター☆キルア坊ちゃんの爪操作の仕組み

子どもながらに、ずーっと、〝爪をのばしていたんだろうな〟と思っていましたが

よーく考えると、手の筋肉こそ発達していましたので


きっと、手の方を収縮・・・しているんじゃないでしょうか?


ま、彼はモラリティあって かわいいから、私でもこういうネタが書けるんですけどねっ♪
ラベル:hunter×hunter
posted by アニメとど at 05:54| HUNTER×HUNTER | 更新情報をチェックする