2016年11月20日

DB超☆全ちゃんの公案 ~と パラレルワールドの〝解釈‐生起〟~

・未来の全王様は罪人?


全ちゃんの紹介された〝力〟は、本当に発揮されることがあったわけです。 (冗談じゃなかった)

で、かなりの年月が経っている宇宙で、未だに(想像できる限りの)全宇宙を破壊していなかった(滅亡させていなかった)ことから 〝相当の希少奇天烈なこと・・・〟が起こったとしか言えません。

悟空が赤ん坊にて地球へ→心臓病で死ぬ&元気な悟空(幾つかの次元)→ザマスが悟空により狂って地球から宇宙を襲った→その末期症状に(いとまなく)全王様がキレたΣ(゚Д゚)終了。

こういった〝禅オォ!〟の流れで、ぶっとんだ結末が一つ待っていたということです。



・未来トランクスの世界は〝消えていない?〟


未来トランクスの世界で〝悟空が帰らぬ人〟でも、〝トランクスの知っている悟空の健在な世界〟は存在していました

並行世界は〝時間≒次元〟ですので、〝ザマスが暴走する前の時代〟に行けるイコール〝その時代が成長して未来で同じ世界になる(世界は消えていない)〟と言う風になり、〝形ある一つの世界(ないし[今‐]時間)が無くなった〟とも〝その歴史の世界が無くなった〟とも言うことはできません

私は この(一般的な)並行世界としての視点の性質を〝解釈‐生起〟と言っており、(想像できる限りの意味での全てのパラレルワールドの各)全ちゃんが仮にすべての世界を消しても、〝世界は無くなりません〟(解釈‐生起 の性質で世界(一者)は実在するため)

つまり、パラレルワールドを行き来するタイムマシンの仕組みなどを手に入れた者は〝消えていないよく知っている世界を基準に探して行ける(解釈‐解析する。ただし解析している以前に解析者ごと生起‐実在している)〟

これはあくまで、パラレルワールド(9)の基本的メカニズム(の私の視点)であり、ドラゴンボールがそう主張するかは分かりませんが(どう定立するかは自由ですが)、〝未来トランクスの世界は積分的[世界総体積的]視点では消えた〟〝微分的[同じ姿のした世界が振動するように不確定に無限に存在しており どの世界にいるのか特定できない 或いは ∞/∞自体が真の姿(9)]視点では 消えていると言えない〟〝微積分的(両方の)視点より 消えた世界も 消える直前の世界も その他もろもろも ∞(/∞)に存在‐生起する〟となります。(微積分的な定義はこちら辺りに概ね書いています。また、〝解釈‐生起〟の感覚は〝エマージェンス・サイド〟に書きました。)

全ちゃんはドラゴンボールの〝翻訳‐公案〟的には〝パラレルワールド(9)の 解釈‐生起〟を代弁していると言え、〝世界を消すこと ≒ 微積分的な(世界総体積と∞/∞の微視的交換)総合的視点での世界(9)の不思議な性質により 確定的な世界が1つ単に消えているわけではないことを認識‐把握すること〟のようになります。

ドラゴンボールでしかできないであろう〝翻訳〟であり 他の作品が真似たらおかしくなりそうですが 〝世界総体積として確かに一つとして数えられる世界が消滅した・その痕跡もある・微視的には∞/∞の世界が消滅している・当事者[未来トランクスの世界のすべての存在]は消滅の経験をしている〟という風なことで、主体や経験とは何なのか?というところまで来ます。

セル完全体から荒廃とか ザマスから多世界の終わりとか 色々〝ドラゴンボール上の荒廃世界‐犠牲になった世界〟を勝手に想像している輩に対しては 究極的には〝全ちゃんが消滅させる〟という風にシンプルに言っているにすぎません。

これは〝逃げ〟にも使える解釈なので、全ちゃんが悪者なのかをなるべく深い高度(視点)から道徳的に考えていく必要がある ということなのですね。



・全ちゃんの〝創発〟


例えば 悟空に合わなかったら、誰からも恐れられた〝まだ幼い〟全王様は、いつか宇宙を破壊してしまう=全ちゃん含め人のいる宇宙だけが(人[意識]によって)認識されている

こういう視点が取れますね。

悟空寄りに言うと、悟空によって〝見知らぬ全ちゃんを呼び出す→次元ゼロ化〟というありえないコンボが起こってしまう わけです。

この出来事は〝そのせいでザマスが暴走することにもなった すてきな武道大会のおかげで、悟空と全ちゃんが友達になった〟ことで、全ちゃんの危険性がぐんと減って世界に素晴らしい光が宿った(別次元の全ちゃんも変える方法が分かる・失敗例も経験)ということです。

また、未来トランクスは、セル編の彼と同じ(次元の)人物とは限りませんね。(今のところは、ストーリー上どちらでも良さそうですが)

後は、スーパードラゴンボールで未来トランクスの世界を復活させることもできるが、そうすることで〝その宇宙次元≒時間 の全員が喜ぶのか? はたまた 生きている者の自己満足なのか?〟という視点、おそらくあの世も無になっているという着眼点も重要です。


つまり、一言でいうと


全ちゃん、ぶっ飛びすぎΣ(゚Д゚)Σ(゚Д゚)Σ(゚Д゚)



(未来トランクス編とパラレルワールドの概説はこちらも参考)



posted by アニメとど at 22:28| Comment(0) | ドラゴンボール | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。