2014年12月27日

「江戸川コナン失踪事件 ~史上最悪の2日間~」☆2重輸入!!

すごかった(笑)


というか、こんな面白いコナン、初めて見ましたよね。 [※時代背景とニーズの視点で]

ある種の反則技。

少し前、漫画のドラマ化(実写化)がブームになりましたけど、今回、さらにそれを逆輸入しました(笑)

まず、原作のコナンが純粋に(少年漫画として)良く、普通という(最高に豪勢な)おもしろさ(基本のコナン映画に使われている)を体現しているからこそ、ガリレオにハマったりするのです。

で、アニメでやると雰囲気出るから…と、いいとこどりした結果、本来ドラマでやる的内容を(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)

しかも、分かりやすい。いつものおもしろひねり(一回で分からない( ;∀;))でなく、頑張れば一回で理解できる〝知恵〟を刺激する内容でした。基本ができている、のでしょう(・∀・)

ファイルは、探偵を雇ったのを知って罪を着せるアドリブ。最後 小五郎さんが(笑)


最近のフルハイビジョンワンピースの影響(当時世代子ども→現おとな) もあるでしょうが

やはり、ヨークシン編の経験が大きいと思います。

状況が同時多発的に刻一刻と変わり、360度常に見渡すべく集中力を要させます。コナンだから、設定も知ってる(笑)


チンピラとかマフィアとか、最近アニメで話題の裏社会。

元々コナンで指摘されてるものであり

現実に通り魔とかいて、小学生に注意させたり、あるいは、我々が一端として知ってる闇で、何かと心当たりあるものであり、怖い意味でも、すごかった(笑)

子どもにも大人にも、万人に関係する内容。


ハンター×ハンターで、PCモデルの進化版が取り入れられ描写されたのと同じく、コナンでは、ミステリー作家が、プロモーション(笑)

時代は少しずつ進んでる♪ (チヨバア風)
ラベル:hunter×hunter
posted by アニメとど at 23:37| Comment(0) | 【いろいろ☆とくしゅ~♢】 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください