2014年10月13日

ナルト疾風伝☆十尾は木(笑) ナウな神話翻訳!!

ロマン主義者をほのめかしている?


人は、知恵の伝統として、積み重ねてきたように

〝微細身〟(夢のエネルギー・気・チャクラ) の存在と制御法を、洗練させてきました。

要は、神格化されていた〝我は神ナリ!〟(←エネル風)

を、人が体現していった(神・聖人として、力を得ていった)ので

夢のエネルギー的存在(十尾・本当は人間の恐怖が投影された存在)が、怒り出した!

というわけですね。


進化を正しい方向に導くのに必要な神秘〝チャクラ〟

これを間違った方向に使う〝ロマン主義〟(とそのツール)が危ういことを

ほのめかしているのかな??? (・∀・)


ちなみに〝実〟は

知恵の伝統の記録の一つ〝旧約聖書〟ですね♡

(注;作者は、寓話的[先端的]に解釈している。知恵の伝統には解釈のレベルがある。注2;ですね=(の)ですね)
ラベル:ナルト疾風伝
posted by アニメとど at 20:24| NARUTO | 更新情報をチェックする