2014年02月20日

リトルバスターズ☆特性を描いた新世代の名作

まず、全26話を好きになってやってください。

ジュエルペットハッピネス☆個性ではなく特性を強調!? で書いたように、次世代の作品で、名作です!

見どころは、委員長の過去を知った時の、心にくる衝撃です。

双子のエピソードが一番の見所です。

キツイ性格の女上司タイプが苦手な私でしたが、このエピソードを見て、彼女タイプに対する考え方が変わりました。

わざと憎まれ役を演じる、コミュの規律集団以外で誰にも好かれない特性、を理解してみて、彼女に優しくできる気がしました。したいと強く思いました。


高校生ですが、みんな、知能が高いです。いいことをたくさん言います。

答えは誰にもわからない・・・でも、自分の中の答えを信じて、乗り越えるしか、この苦しみから脱却できない!

彼らは、そういう高度な考えを、特性を歪ませることなく、展開していきます。


皆、何らかのDQN(知的障害者etc.) だなどという考えは、時代錯誤で失礼だ、と思わされます。(そういう大人は僕たちを助けてくれない・・・という感性が描かれてます。)


程よい理想主義で、何気ない日常から、すてきがありふれている作品です。

作風は明るいです。


音楽が独特に良く、野球アニメではありません。


Once More 小ネタヽ(・∀・)ノ


プリンのプリント、しっぽり、のネタ元はここ?

ねこと爪切りのバトルで、「ツメが甘かったな」と突っ込んだ人(笑)

双子のエピソードに近い人物は、ロドとニドかなぁ・・・


最近のバトル漫画は飽きた・・・等お悩みの方は

全く違うタイプのこの作品がおススメ(*≧∀≦*) ハマるのは2話以降だと思います。

次回は、続編について解説したいと思います。おたのしみに(^O^)
posted by アニメとど at 22:55| Comment(0) | アニメ☆特集 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください