2014年02月14日

アクセルワールド☆意識が加速するオンライン友愛物語

ファイナルファンタジーでお馴染みのヘイストですが、マイメロディからハンター×ハンターまで、様々なアニメ・コミックに取り入れられています。

この作品では加速と呼び、単位時間あたりにできること=密度として、定義されます。

アクセルワールドである、ブレインバースト内では、意識は1000倍に加速するので、某キャラ達は、最大で7千年もの時間を経験していることになります。創始から7年です。気の遠くなるほどの時間を経験している・・・という言及もあります。

見どころは、ヒロインのチユが意味不明の行動を取ること、その後に姫の沖縄修学旅行編に前触れ無く突入すること・・・! 特別編ではないです。

ラストは良いです。(2期もあるかな?)

遊戯王5’Dに似た音楽が流れますが、両方良いのであしからず。

ただ、花男にも使われた、あっちは少し気になるかも・・・

ちなみに、ハンター×ハンターのジュピターは昔の曲かな? (シャレやし ヽ(・∀・)ノ)

さて、今日もうんちく☆いきませう(*≧∀≦*)

加速時、本人どうなってるんでしょうね?ハルユキ君、走ってた時もあったし。

ブレインバーストは、全国の?ソーシャルカメラを通じて加速異世界を構築しているらしい。

姫様が最初、ハルユキ君をかばった時、血を流してました。どれだけ好きなのかがわかりますね(*≧∀≦*)

姫様といえば、お付きの彼女との関係が羨ましいです(笑)

主人公はウォーズマン、友人はロビンマスク風のアバターです。

友人のタクですが、完全な殺人未遂しちゃってるので、許されていることと医学がぶっ飛んでいることが、21世紀半ばとして、いろいろ口論できそうです。

ソードアートオンラインと同じく、これはゲームであってゲーム(遊び)でない!がキャッチフレーズです。(セリフがあります。)

チユは、チユなのにチユじゃないところがミソです!

ナーヴギア、ブレインインプラントチップ、ニューロリンカー、として、デバイス発展した歴史的経緯があります。

ナーヴギアは、ソードアートオンラインに出てきます。時代も一致します。

ニューロリンカーは、仮想ウインドーを払ったりできます。通行人は、現代人から見ると、変なことやってるように見える(笑)

昔のアーケードゲームが、激レアです。
posted by アニメとど at 20:43| Comment(0) | 【いろいろ☆とくしゅ~♢】 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください