2014年02月10日

ハンター×ハンター☆キルアママはサイボーグ!?

繋いでおかなくちゃ・・・というセリフが、今作ではカットされていますが、私は、彼女が監視カメラの映像を通じて、キルアのことを見ていたので・・・という解釈をしていました。お仲間はきっといるはず(笑)

そろそろ狩るか・・・というヒソカのセリフも、旅団なのか、ゴンなのか、子供の頃分かってなかったです。

前者は独房に、後者は蜘蛛のことを言っているのですが、今作品では、それが見てて判ります。


小ネタ集に参りましょう。


ムラっ気というからに、キルアは光ディスクのようなイメージでしょうか?

メモリが足りなくなる、は、メモリーカードのことだろうと思っていましたが、ヒソカのパフォーマンスと組み合わせて、仮想メモリというのも乙です。

キルアのお菓子代は、1日に十数万円です(笑) チョコロボ君、安そうなのにヽ(・∀・)ノ

ドッキリテクスチャーの由来が、いたずらシール入り菓子とのことです。あれ美味しいんだよな(笑)

カストロ戦の解説は、マチが担当しました。

ウイングさんの近くで、液晶越しに纏を解いたゴン君を見ていた人も、念が使えそう。真剣だったので。

オーラ情報は、デジタル化されるようですが、念でしか見えない物理現象、ということらしいです。

ジンの、テープ上書きは、アナログなのでやろうと思えば、データ救済できるかもしれませんが。まぁ、この状態なら、念能力の影響はないということでしょうね。

PC、携帯は、現在仕様のものがぴったりです。グリードアイランドの西暦が1987年だったので、西暦は2000年起点です。

ただ、季節は放映当初に上手く揃えています。リボーンもそんな感じでしたね。

1000万人に1人の才能も、いろいろあるのだと、キメラアント編で、王が言及しました。(そういうふうな意味に取れます。)

ピトーの動かない能力は、地球上と大気圏外で、全く別の動きになりそうです。慣性系が違うから(笑)

ヒソカが味方になったように、章が進むごとに、話のスケールが大きくなり、解釈の楽しみも大きくなります。この作品のすごいところですが、シルバの、〝帰ってくる〟は、無効、キルアの〝友達だから〟は有効・・・という風に、意味深に見せて、その単線エピソードの予測の外に話を持ってくるのが、すごいです。(最後まで結論は出ませんが。)

レオリオの纏のみ・・・は、医大受験するという彼の進路を尊重してだったのだろう・・・と思います。一気に教えても混乱するし・・・

北の島は、ドラクエ6のジャミラスの島みたい(笑)

コネルト カットされてましたね。←アニメにならないだろうと思って入れたヽ(・∀・)ノ

アイアイはちゃんと入ってますよ(*≧∀≦*)
ラベル:hunter×hunter
posted by アニメとど at 21:59| Comment(0) | HUNTER×HUNTER | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください