2014年01月17日

【とど feat.(笑)】 ジュエルペットてぃんくる☆ の 時空 【概論・解説】♡♡♡

さて、今日は、てぃんくるの

時空移動について

考えてみましょう。


ジュディの回の方が知りたい方は、下方まで読み飛ばしてください♪】

増強版:【2018 04】 勢いで説明補強し形となり、ミス(テリアス)なる箇所があるかもしれないですので、気付いたら 補正します(笑)


ジュエルランドと人間界の相対的関係 (+2018 増強版 ♪)


要は、1日単位で見れば

両者は同じ時間が経っている(はず)ということを

前提にします。


あかりが起きて、ジュエルランドに行ってから

ジュエルランドが〝精神と時の部屋〟状態になるというわけです。

(この場合はレアレア界が) ブラックホール並みですが・・・。


あかりが戻ってからは

人間界(レアレア界)の方が〝精神と時の部屋〟状態になります・・・。

簡単ですね。


とはいえ

戻るのが ジュエルランドの下校時なのか 日をまたぐのか

前者なら、覚醒時間が長いので

夢のエネルギー(微細なエネルギー)と睡眠を 魔法&健康の科学で 説明できる? ・・・(笑)


要は、2つのライン(平行線)で

別々の、区間快速が走っているわけです。


これは、絶対的な 時間の軸(X→)の物差しから (現象を等価として対称に・相対的な空間【加減速】の関係などから) 見た場合です。

【以下 多次元世界にて有効な時間の軸(X→)の数直線ではなく 同一次元の異世界にて有効な 移動距離の軸(D→)【Distance】の数直線を横軸にとって 講義を進めていきます♪


[読み飛ばし可能 脚注1]―― 時間の軸(X→)の物差しを根拠に 同一次元の異世界を把握する距離(速度・加速度)の尺度(D→)と同じ用途にて対となる尺度(S→)【Space】 (X→にて異世界間に共通の時刻基準 何時何分何秒にて 空間内にて意識される時間の度合い) を 横軸(数直線)として仮定する場合は、電車が加速して(D→)の尺度で数直線【路線】上を進めば進むほど 時が止まったように 【(S→)の(数直線上の点の)動きが鈍く】 なります。※見かけ上 ある法則内より 逆になります

[読み飛ばし可能 脚注2]―― 相対的に ① (D→)ジュエルランド電車の高速進行(精神と時の部屋状態)② (D→)レアレア界電車の低速進行(精神と時の部屋の外)と対比でき、さらに (S→)の意識と空間から見ると ①はジュエルランドの時間が進んでも 他の世界の時間や いわゆる次元間の標準時間(絶対時間)があまり進んでいないので (S→)の数直線上をゆっくり、②のレアレア界は逆に (S→)の数直線上を かなりすばやく移動できます

[読み飛ばし可能 脚注3]―― いずれも 絶対的な時間の物差し (X→) あと一つ 空間的加減速の度合い(D→)か 意識する必要のある(待ち)時間の度合い(S→) を 理論上の基準にするため、絶対的な時間(多次元世界間の物差し)以外の 同一(異)世界間にて有効な物差し の 異なった方向を持った尺度となります。


移動距離の軸(D→) ≒ 【路線(湘南新宿ラインなど) (※片側通行)

レアレア界 【電車A】 が、時間の軸(X→)の尺度(物差し)を根拠に 別の理論的視点【物差し】で表現した 移動距離の軸(D→) 【路線(湘南新宿ラインなど)中心 【標準ダイヤ・各駅停車】 になっている(とみなす)場合は

ジュエルランド 【電車B】 が、より速度を増しての(先行 or 安全なる回復運転(笑) 等の) 【(区間)快速】 になる (下校後は逆の 速度が減る【徐行・停車】的な状態になる)、と考えたほうが良いでしょう。

精神と時の部屋状態電車が高速走行している状態】
精神と時の部屋の外電車が低速走行している状態】

レアレア界【電車A】ジュエルランド【電車B】は 〝(行き来する時に)連結している

・ レアレア界【電車A】ジュエルランド【電車B】路線上の距離(D→)が離れていても、時間(X→)の数直線上から見ると〝同一の場所(点)にいる(ある・重なる)〟【同じ時間を共有している!】

【各駅停車(普通)=低速で常時走行している状態】 【(区間)快速=通常速度で常時走行している状態】 【(新)快速=高速で常時進行している状態】 と見なして 【駅に停車=速度0で止まっている状態】 を加えてみましょう♪

AとBの相対的な関係 : (該当区間の速度・停まる駅が異なった) 【普通×普通】【区間快速×区間快速】か、(一方が駅に停まらない)【アルティメット普通×常時定速の観光列車(遅め)】 【アルティメット区間快速×常時定速の貨物列車】か、絶対的な時間の物差しとしては測りようがないのですね。 (おまけの議論1)

アルティメット=瞬間的に(無限に)加速して(無限の)速度が出せる 【議論の都合上の】電車

(どちらかの世界の時間が止まる ≠ 一方の世界が無限の距離を移動する) 【時間の停止 ≠ 無限の速度】 (時間的な一方の停止が、もう一方の無限加速という〝移動距離的法則や尺度と同じものとして仮定できるわけではない〟 ――対称に捉えても 電車・路線を比喩とする限界がある。) (おまけの議論2)

(というわけで、 駅に停車【速度0】が〝時間の止まっている状態というわけではない〟)


【上記の (D→)の標準ダイヤ として触れた (X→)の基準】↓


私たちの地球上にて、この差異は微々たるものなので

並行世界などを考えるときも

地球時間の標準をを絶対時間として使う考え方が主流です。


【並行世界はまだこの議論に組み込まれていませんので、ジュディのコーナーまで 考えなくてOKです。】


もし、絶対時間の基準を進化させたい場合(遠い宇宙の別の星にでも行って、異星人と交流を進めてて・・・わかってきたなら)

まず、地球時間を絶対時間(に近いと思われる、宇宙の相対標準時間)に変換し

並行世界の絶対時間(〃)を、地球時間に変換しなければならないわけです。


ややこしいですが、赤ちゃんラブラの言葉をルビーが翻訳し、りんこに伝えた後

りんこが、仲良しの幼稚園児に、わかるように翻訳する、というか・・・

英語圏の子供→英語圏の大人→日本語圏の大人→日本語圏の子供

というようなことです。

この、大人→大人 の部分が

絶対的、普遍的(に近い)部分です。


次に、あかりが、ジュエルランドに行く時、時間が止まるように見える現象について。


つまり、その一瞬、彼らは、[慣性系(一定空間)内での] 精神と時の部屋状態 (加速状態) になっているわけです。

子どもへの翻訳としての配慮 です。

(電車もとい 世界とはまた別で、個々の空間・慣性系に関するもののようです。また、考えていくとおもしろいのですが、魔法学校の学び舎ごとに 精神と時の部屋状態 【加減速】 を ある程度調整して、例えば 丸いレアレア界の、地球上の各国の生徒に対応している、とか 論考することができます。 もちろん、レアレア界とジュエルランドが 登下校時など ある程度似たような時間の流れ【同じような速度】になる と 想像できます☆彡)



ジュディとあかりの関係


こちらは、ユークの夢理論を持たせれば、十分でしょう。

彼女の記憶の世界が、夢のようなオンライン的な世界として

幾重にも重なっているのです・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(゚∀゚)!

と言いたいのですが

ジュディがそんときの記憶を当時に持っていたので

パラレルワールド(並行世界)を 考えんとあきませんな。


夢の場合は、まぁまぁいいのですが

現実らしいので


ジュディが時々逢ったあかりと

あかりが何度も逢ったジュディは

全て、別世界の彼らです。


以上。


まぁ、補足すると

ジュディが逢ったあかりは

もう大人になっているので


あかり本人は今日その日まで

ジュディと会ってない
わけですね。


あかりは、逢っていたと言われてましたが。


ミリアの例も、私流の(普遍的な)並行世界で説明できる(はず)。



てぃんくる☆とど的なネタ


・てぃんくるとサンシャインは、似てる。 (音楽も、宇宙っぽく、名曲で、類似性のあるものが流れている。)

(↑) システム・背景的構造は、PSのドラクエ4と7のような関係。

・あかりは、現実的キャラか、非現実的キャラかで、評価イメージが違う。

・最初から見てゆくと、30話くらいからぐんぐんハマってくる。

・ラブラの詠唱時のダンスが魅力。

・2話くらいでサンゴのキャラが固まってる!

・ルビーの花飾りよく取れるね。

・千夜一夜草は、確かに自分で咲かせる方が、良い。(ゆうまに告白して。)


2018年度に追記

他のアニメとの関係性がうまく把握されていなかった頃の記述の為、数年の間、しっかりとチェックした記事ではありませんでした。 この頃の他のジュエルペットの記事も、粗いものが多く、これからも残すのなら、もっと素敵なものにしていきたいし、少しずつでよいので、おいおいチェックしていきます。


追記2

てぃんくるの〝感情のライン→作画(アニメ)アート〟と その〝モラル・スピリチュアリティのライン〟の 〝高度(深さ)〟は AQALで第3層(9)です。 【主体(9)×対象(6)】、より詳しくは 【 アーティスト・想い・意図 (L/9 , Q/2 , S/nd , タイプ/女性[の感性] , ライン/感情・アニメアート[アート]・モラル・スピリチュアリティ) × 翻訳・ストーリー (L/6 , Q/2 , S/c , タイプ/女性[主役のストーリー] , ライン/感情・アート・モラル・スピリチュアリティ) 】 ――[統合数学的感性(8)で言いますと、主観(Q/1)的に あかりになろうとする(共感する)時に、それが残りつつ ルビーにも同様のことができ、ミリアやサラにも・・・と、感情描写から 多層的で高度で稀有な〝夢の世界〟を 共有することができるのです。(翻訳がリアルすぎてテンションがアゲアゲになる理由です(笑))。] ―― すべての根拠を示せるわけではありませんが、「ラマナと統合的な生まれ変わり」の視点が参考になるでしょう。
posted by アニメとど at 20:06| Comment(0) | ジュエルペット | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください