2017年08月02日

宇宙兄弟☆アイドルヒビット

ヒビトが音信不通でふらっと

蒸発($・・)/~~~

しちゃって、その後、一通のメールが来て なんだか状況が分かったとき。


ああ。ドラマのSMAPや(笑)


ヒビトは・・・

アニメでは珍しい、かなり 硬派の――


くさってた――もどった―――

っていう風なことを〝わかくかるく〟さらっと言うのに

絶対相当やったやろ・・・

って感じのね。


クールやね。


ラベル:宇宙兄弟
posted by アニメとど at 06:40| 宇宙兄弟 | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

宇宙兄弟☆最終回を電車に例える

全話見ても、色々と溢れて残っているあの感じを、そういうので表すと


播州赤穂ないし姫路から出発する新快速・・・京阪神を快走・・・永原か長浜を通って快走して敦賀

(区間・交流・方向とか、詳しいツッコミは無しで。 神戸と京都[と大阪] 出てくるから・・・いいよね?)


223系っていう、時速130kmで駆け抜けていく電車。 自転車なら 艶があって ハイテクに快走(時速24キロ位)できる感じ。

敦賀で乗り換えるとして


・敦賀~福井間を 普通列車

・223系新快速が 福井まで延長運転


前者の〝赤穂・姫路~敦賀〟が〝コミュニオン〟

後者の〝福井まで延長運転〟が〝エイジェンシー〟


仮に敦賀で止まっても

〝福井まで223系新快速に乗っているような感じ(コミュニオン)〟

〝実際に福井まで223系新快速で走行できそうな気がする(エイジェンシー)〟

この、〝敦賀~福井間〟が〝乗換(現状)だけど延長運転(ポテンシャル)〟という

〝むしろ敦賀で止まる方が 判り易くてブランドになる〟感じが


宇宙兄弟の最終話の後

〝続くような気分のままで(エイジェンシー)〟〝きっちり終わる(コミュニオン)〟という

最高の終わり方、魅力というわけです。


以上は、絶対、分かりにくいと思いますが ―――以下

〝電車でGOは 決められている区間だからこそ プレイが明快で楽しい〟体感から離れていない例え♡


こういう感じの作品全般に言える例えです。 ――楽しいハイパーロング走行 大歓迎!!
ラベル:宇宙兄弟
posted by アニメとど at 06:32| 宇宙兄弟 | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

宇宙兄弟☆バスバスろーてーしょん(・∀・)の想像

なまっていて

わだす ばすばす~


(つるみさん☆彡・・・の色々を買って♡いる、なぁぁぁすださぁぁぁぁ~んω (風) 「んぼろいみたいなね。んぎんぴかぁぁでぱっとしないようなね。あれだね。いわゆる〝ばしばし~〟って[は]し[っ]ていないバスっていうね・・・♡」)


そういう〝バスバス〟の中で行われた、あの、よ―分からんω

〝ろーてーしょん〟をちょっと ご考察。

(前にも言ったっけ?)


・15人います。-後に 5人×3チーム- (16人と考えて 一人架空にすると分かりやすい。)


・動かないAグループ8人と 動くBグループ8人 に分かれます。

・AグループとBグループは〝全員顔を合わせます〟(ローテーション1)

・Aグループ同士・Bグループ同士のそれぞれ内部では〝顔を合わせていません〟

・ここまでで8回、80分。


・Aグループのみ、Bグループのみ、〝上下に分かれて〟(架空の)壁を作ります。

・元Aグループの空間8人、元Bグループの空間8人 それぞれにて 新たな〝A4人とB4人をつくります〟(ローテーション2)

・ここまででさらに4回、計120分。


・同様に、4つの独立空間(仮)にて、2人・2人 / 2人・2人 / 2人・2人 / 2人・2人 と分かれます。(ローテーション3)

・ここまででさらに2回、計140分。


・最後の仕上げに、上記〝2人〟のグループ同士(8バディ)が、顔を合わせます。 (ローテーション4)

・これで合計150分。


〝15人それぞれ(例えばムッタ)が14人に顔を合わせる(140分)+待ち時間(10分)〟

〝16人それぞれ(すけさん含む)が15人に顔を合わせる(150分)〟


と同じだ、ということでした。


たぶんΣ(゚Д゚)
ラベル:宇宙兄弟
posted by アニメとど at 12:35| 宇宙兄弟 | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

宇宙兄弟☆いたずラッコの本当!?

ブライアン達3名の墜落事故。

忍者のムラサキさんをはじめ、数多くの宇宙飛行士(特に侍ボーイも)が、本当に〝やりきれない〟気持ちになり続けていたと思います。

―――――

いつまでもひきずっていたはあれなので、忍者は考えました(・∀・)




―――――

むしろ、明るく楽しく、日頃から技術や行程にて、気付きを増やしていこうと、彼なりにさりげない注意力というコミュニケーション的営みを反映させよう、と

そういったことなんじゃないかなぁ(・ω・)


ひっくりかえった もじゃなくろーすさん 「そんな深い意味、ないって(*´з`)」

↑??(笑)

ラベル:宇宙兄弟
posted by アニメとど at 07:46| 宇宙兄弟 | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

宇宙兄弟☆無理できる!

〝無理してね〟と言えるということは

言った方の意識に〝無理することができる〟

頑張ることができるという世界が生まれたわけです。


大人はさらに、意味のある有効な〝無理〟

即ち〝界王拳〟ができる

そういう無理しかしないんだよ――


と子どもに示していくことで

ウッハーー(≧▽≦) です。
ラベル:宇宙兄弟
posted by アニメとど at 07:32| 宇宙兄弟 | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

宇宙兄弟☆プリティドッグ入り

私達の中には、かわいいパグが居ます(・∀・)

―――――

本能と身体的感情を〝抑圧〟することで

かわいいかわいいプリティドッグは

血みどろの地獄なモンスターへと 姿を変えるのです(;´・ω・)ff


というわけで、プリティドッグに会いに行きましょう♪

そして、友達になって、自分に街をつくりましょう!


そうすれば、プリティドッグ (プリティ・ドッグ) の真実にたどり着くこともできましょうω



というわけで、ひとまず〝宇宙兄弟 2巡目解説終了〟でごわす(≧▽≦)☆彡

ではでは、楽しいアレ(笑)を みんなで一緒に〝こ~らす(・∀・)〟して、お開きにいたしましょう。



〝ちゅぴ ちゅぴ ちゅぴ ちゅぴ~ ((・з・)♪♪)〟


FIN

ラベル:宇宙兄弟
posted by アニメとど at 19:30| 宇宙兄弟 | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

弱虫ペダル☆本作品の腕前は? ―種々記述感想より

3期の役割は、2期までで流れ上描かれなかった〝(感動の)やりとり〟を描くことになりました。

その期待通り、描かれていったと言えます。


色々とこの作品、合う人合わない人がいるようで、ちょっとだけ、ネットの意見と私の見解を照合してみます。


――――――――


・ストーリーが適当?


5クールを何回も見まくって、確かに最初のアブアブ平坦は、速さを競うだけのレースに興味がない私的には たるみ感が感じられないわけではない――側面でしたが、重要なシーンではあるし、飛ばして見ても良いので、別にいいでしょう(笑) ――とういちろうくんは、嫌いじゃないしね!

後は、最初がアニオタ風すぎないか?といったところでしょうか。


・キャラが濃くてくどい?


私的には、ここまでやらないと、直観で見れない。むしろ、王道好きのファンに対する、最大のサービスでしょう。


・レース展開が単調?


これ、第2層的に、出来れば、〝定義が難しいが きらデコ経由でワンピース的な スピリチュアリティのラインのインテグラルな領域〟で共感することができれば、無駄どころか、きっちりと要約している、と感じます。

ジャンプ(深夜枠でアニメ化)ならば、ジョジョや黒バスは〝オレンジ(5)〟のファン(ふつうの少年少女の啓蒙的世界観)を強調しているように感じるので、その解釈では不十分、だと思います。


・何でもアリ?


確かに。

しかし、黒子のバスケが示したように、〝少年少女の世界観(5)で バトル漫画としてのスポーツマンガは倫理観の観点から問題なく理解できる〟ので、〝ルール(5~)にのっとった試合〟であれば、共感可能ならば〝何でもあり〟は〝ご都合主義(~3ないし一部の4)として暴走〟することはない、と言えます。 (黒バス赤司君のハサミ?のシーンが、完全に〝ダメな行為〟と理解できるのはこの為です。)

補足すれば、インテグラルに弱ペダを解釈すると、〝時速27キロ→時速20キロ〟という風に、訂正とは違ったもっと〝アニメ的〟な法則によって、言葉と実際の出来事(内面含む)の中に、ズレと感じるようなものも含まれているだろう、ということです。


―――――


というわけで、比較するなら、〝ジュエルペット初代・きらデコ・レディ〟〝ワンピースやナルト〟が適切、だと思います。 (いいところを解釈する場合)

(ヒメは、〝わからん((+_+))〟って呟くノリで十分いい。)


☆というわけで 3期の解説予定だった記事たちを掲載していきます♪ ☆
posted by アニメとど at 07:09| 弱虫ペダル | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

弱虫ペダル☆凡人の意味(笑)

てしまさんは、自分が凡人と言っているわけではありません(笑)

ただ、ロードレースに限って言えば、〝なんだかわからないが、勝ちたいのに勝てないヤツがいる〟というだけで、即ちは


・ロードレースを越えて自転車が好きな場合とその成長

・自転車以外の世界(空間)も〝同様にそう〟な場合とその統合


こういうところに行く途上で、〝ロードレースに足形を残して、成長のメダルにしたい〟と強い欲がある場合に

〝凡人〟〝天才〟と表現できる



NARUTOのあれを〝自転車バトル漫画で言うと?〟ということです。

(第二層流のリンキング。)


つまり、気軽にかつ、精一杯成長すれば、本当の意味で 気にならなくなる!

わけです。


上記、てしまさん的定義では、私も凡人です。

(単に成長しただけ。)

つまり、凡人など最初からいない、と言えます。


(ポテンシャル平等(9)と言ってもいい。)
posted by アニメとど at 08:43| Comment(0) | 弱虫ペダル | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

弱虫ペダル☆一皮むけたΣ(゚Д゚)

いやぁ、見事に剥けてますねぇ。

あきら くん。


それはさなぎのように

それは、ちょ~のように

―――


わたしも・・・

剥けました(・∀・)


日焼けで(゚Д゚)


止め塗ってても。
posted by アニメとど at 08:38| Comment(0) | 弱虫ペダル | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

弱虫ペダル☆キャラの戻し方(・ω・)ノ

まさかの、鳴子髪〝さわりさわりさわりー♡〟




元に戻るんかい!!


―――――――――


なお、格上げされた、てしまさんの〝おめめ〟は

普通→(新)快速 表示に切り替わった、列車の表示板!!

↑ こっちは戻らなさそう。 てか原作の方の時点で、絵が変化してるっぽい。 (想像)


私もよくやってる(・∀・) ――― 心で
posted by アニメとど at 06:38| 弱虫ペダル | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。