2014年03月01日

ちはやふる☆超意識から導く 感動作!!

少女漫画です。

対象は、ALL。

誰でも見れます。


ごくわずかに視聴者を選びますが、基本的に、誰が見てもハマると思います。


〝知れば知るほど不思議・・・読まれた瞬間に1000年前と繋がる!そんな競技いくつもない(*゚▽゚*)〟

読まれる前に札を判別しているとすると

現象学的パラレルワールドないし場の心的拳聴覚に基づいた、超意識伝導が、どこかに存在することを明示しています。


カルタで重要なのは才能、らしいので

生物的聴覚+心的集中力+超意識 = 実力

というファクターになります。


千早は1と3、太一は2、詩暢は3、新は1と2になると思います。(強み)


どちらにしても、外的要素と内的要素の両方に超意識ファクターが付属する、ということで、不合理で運任せな現象ということはないです。


人が意識を加速させ、音の一瞬に集中するとして、その前後の並行世界の、共振現象たるデジャヴを強認識するとすれば、耳ないし心が、少しばかり先を意識できるのです。

酷な例を挙げれば、スクワラさんの最後です。

また、拳聴覚の例も、読まれる瞬間の読手とひとつになる、意識を共有する、ということで、リオンあたりが分かりやすい。

もちろん、耳のみでこれを導くことも可能です。


あらゆる分野において、瞑想だけとか、身体活性だけとかはよくやられますが

一瞬に集中して競う、瞑想タイプの競技は、カルタしかないでしょう。

ゆえに、実経験だとすると、非常にユニークな研究材料になります。


前置き長くなりましたが、ストーリーは、恋愛、友情、つながり、地域、家族、ライバル、スポーツ、文化、個性、特性、こういったキーで展開する、両性的な王道ものです。


☆ちょっとうんちく・・・ちはやの魅力


ストーリーより、何度も見返したくなるところが魅力です。

ヒカルの碁ほど、ルールわからないと・・・的なところがなく

どなたとも相性よさげでしょう。

タイプは、当時のONE PIECEに近く、私世代向き。



☆ちはやふる☆とどのある?なしネタ+α


・しょっぱなから、新の名前でがっかりする太一

・千早が最初にとった札は、ちはやふるじゃない。

・黒子のバスケ、コードブレイカーのような、ロックのOP

・〝かるたはスポーツだ〟

・5歳でも105歳でも見れる

・音無しの音楽

・小6の頃らしい個性的なみんなを思い出し、描写の凄さに感動

・太一がどれだけ千早が好きか、いくらでも分かる。

・20分(笑)

・音楽やってる人が感じるように、世界が別ルールで動いていることを実感する。

・男女間、人との接し方にも表れてる ↑

・米原経由(笑) ←金沢なら北陸新幹線ほしいところやねヽ(・∀・)ノ

・見聞色型の作品。ただし千早は武装色寄り(笑)

・私的には、2012年度の、バクマン、宇宙兄弟と並ぶ、リアル系王道漫画に認定。

・バクマンは、3部で大団円。宇宙兄弟は内容が間延び、ちはやは放映待ちという個性っぷり。

・かるたソムリエ太一くん

・どの漫画でも定番のやきそばパン

・誕生日の9話で、本格的にハマるはず。

・ローンなんてお父さんの生きがい(笑) ←千早大事にされてる!!

・千早意外と人に抱きつく(笑)

・男女差別のない社会の鏡!

・宇宙兄弟に極めて近い音楽が流れる ←FF5と6の戦闘音もぱっと聴き 分からんのよね。

・かるたの飛び方が、なんかウイングさん。

・君が為といえば、当時の あのバンド。(イメージ的に)

・大津京!大津京! ←関西人駅ネタ。

・ひょろくん、名演技!

・〝きついなぁ・・・一生懸命って。いいわけ効かなくなるから――〟

・太一は、火拳のエース タイプ ↑

・〝やりたいことのために、やりたくないことも…〟 ←まさに。されど、その意味は ほんっと人による(笑)

・非ヲタ向けのCCさくら。

・自転車を最初に創った人に先立った霊感と同じものが乗る人にも宿ると感じる。かるたも同じ。

・〝師を持たない者は、誰の師にもなれない〟←自来也先生に通じるよね。


・絶対私を選ばない (笑)  ←ショックだったろうなぁ…花野さんヽ(・∀・)ノ

・〝わからないからやるんだよね・・・〟 ←シャボンディ諸島編でルフィも発言。(ワンピースに関して)

・むり(笑)

・マイナーの意味を考えさせられる(笑)

・〝大丈夫、そこまでの夢は見てないから〟(笑)  ←それがムードメーカー!!!

・〝だんだん早く漕ぎたくなるんだよ〟 ←スレ違い(笑)

・〝伝える、伝わるはルールの向こうにある〟 (Z-MANで同じよーなこと言ってたね。)

・駒野君の励まし

・退部届けも18枚(笑)  ←ほかの場所で〝一生懸命〟を見つけてほしい!

・〝団体戦は個人戦 個人戦は団体戦〟 ←団体戦だと周りに振り回されるんだよね…

・かどうかは謎だけど(笑) ←恋人ってわからないよね…。

・だって と でも ・・・ (厳しいけど、あこがれるなぁ…)

・ひょろくんのやっとることは、実はすごい高度。

・千早、勝利の無欲(笑)

・〝子どもを程よくほおっておくのが、どれだけ難しくて大切なことか・・・〟←これだけで1冊になりそう(笑)

・第2シーズンまで来て (笑)  ←漫画じゃ何て言ってるんだろう?

・日本でフツーに育っても かるたは好きにならない(笑)

・〝かるた強い奴、変人ばっかだよ!〟 ←やっと突っ込んだ(笑)

・ちはや(10代)、バクマン(20代)、宇宙兄弟(30代~)って感じの主力構成。

・団体戦を野球とかの公式に揃えるのはわかるが、個人戦は別では? (新の件)

・題名がシンプル。

・特性に絡め取られる千早、個性的になりきれない太一

・ジンクス!? (笑) ←不思議のダンジョンでも経験できます!

・「この世界 渋すぎて分からない」 (笑)  ←私的には、複雑なんだと思う。

・〝カルタを豊かにしている人は・・・〟 ←いろんな人に支えられてるんだよね。何事も。

・生霊(笑)

・ギアセカンド(o ̄∇ ̄o)♪

・すみれ、はしゃぐ(笑)

・級で有名なのは、幽遊白書!! (超A級妖怪)

・また1つ、詩暢のシャドーが解かれた!

・彼女の1期初登場激強シーンがおもろいねよな・・・

・真島新快速!!

・〝才能と戦う覚悟〟!!!

・9枚差!!!!

・そして伝説へ・・・! ←?

・ドラクエモンスターズで例えると・・・

・詩暢・・・初期能力値が高く、低レベルから必要経験値が多い、魔王タイプ。

・新・・・ノーマル高等型。敢えて言うなら、サンダーバード(笑)

・千早・・・いいスキルを早くから覚えるが、ステータスは晩成型。

・太一も新と同じ別種族。

・経験値は、 新>千早>詩暢>太一

・才能 ≒ 成長限界

・制作 マッドハウス(笑)

・exが、意外とおもろい。
ラベル:ちはやふる
posted by アニメとど at 20:53| Comment(0) | ちはやふる | 更新情報をチェックする

2014年03月03日

「うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE2000%」☆自由な音楽アイドルに向かって!

プリリズ ベースで、アイカツ路線です。

前作があり、2期です。

山城リオン似の主人公と、黒バス・ブレイカー路線のキャラで展開します。

社長が、セルです(笑)

他、お馴染みのキャストが多く、例えば、スーパー歌手、デントくん(太一くんでもいい)など、実はぶっ飛んだアニメです。

9話くらいに流れる曲が、よいよいですヽ(・∀・)ノ


☆ちょっとうんちく+α


・幼稚園児に見えない(笑)

・七海、アイドルのアイドル

・苗字か名前かわからない苗字がブーム(笑)  桜あかり もしかり。

・一周回って、ナナミを愛でるアニメ。

・ビジュアルバンド方面によく寄る。

・プリリズにも言えるが、楽譜を起こすのと渡されて曲を理解するのは、普通不可能。

・宇宙兄弟の暗算も無理。

・記号論で考えると、言語と音楽は完全に別物 ←内側のイメージ判別から記号に即できるか?

・医学でカエルの解剖ばかりしてるようなもの(笑) ↑

・新世界(笑) ←For the new world ~♪

・「音楽に勝ち負けなんてあるのかい?」 

・ ↑ みんなと一緒に歌う幸せがアイドルの醍醐味。

・なのだが、キーが合わないんだよね(笑)

・声優さんの方が、ミドルうまいこと多いよねヽ(・∀・)ノ


とどでした(≧∇≦)/
posted by アニメとど at 21:10| Comment(0) | アニメ☆特集 | 更新情報をチェックする

2014年03月05日

「DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION」☆小学生でも見れる〝世界破滅系〟

時間移動ないよりのバーチャルワールド(TVゲーム)解釈です。(イナズマイレブンと同じ。)

ただし、別宇宙は出てきます。

最後、遊戯王みたいになる(笑)

見どころは、主人公とヒロインのツーショット(恋愛漫画じゃないですよ~)、ひびき(主人公)の回想シーン。そして、作品としてのエンドロール・・・ です(≧∇≦)/
posted by アニメとど at 17:00| Comment(0) | アニメ☆特集 | 更新情報をチェックする

2014年03月08日

クレヨンしんちゃん☆消費税の話が面白い(笑)

日本の経済を考える幼稚園児(笑)

[解説] 本来、5歳にそれを求めるのは不可能ですが、この作品は、私が5歳くらいのころから、やってのけました。

本来大人向けと言われ、もはや知らぬ人のいない作品ですね。

しんのすけ「父ちゃんのお給料は上がらないのにー

[解説] そうなのです。的を得ています。どう考えても、少子高齢化のとりあえず的な…。そもそも70億人の人口爆発は、タイムマシンから来た未来人の仕業という説も…(コンピューター等の技術を先に提供してバランスを崩した。)

みさえ「そこよそこ!」

[解説] もはや、世界が闇に染まるかのような主婦発言開始!?

・プリンが38個しか買えなくなる(笑)

※40個→38.9個

みさえ「2個も減っちゃうのよー

[解説] 正確にはほぼ1個ですが、こういう考え方はよくします。1万円のものを買うにしても、たった1円足らなかったら、買えません(爆)

しんのすけ「うへぇーなんてことーΣ(゚д゚lll)」

[解説] ちゃんと翻訳してあげれば、5歳児でもわかりますね。こういう考え方は、とても大切です。

みさえ「100円のプリンなら3円高くなるだけで済むけどー、税込105万の車は108万になるのよー。3万円の差は大きいわよー」

[解説] これも私はよく考えます。たとえば、延長保証の場合、少しの変動で額が多くなったりします。あるいは、高い商品は、ネット価格変動の最安値付近を狙うかどうかで、差額がかなり違い、安い商品の場合の最安値を配慮するよりも、よっぽど有効です。・・・・・・以下は、みさえが、車の話をプリンにフィードバックした計算結果です。

プリン約300個分(笑)

↑ 10ヶ月分

ひろし「消費税に動じることなく、今までの無駄遣いを見直していくのが一番いいのさ!」

[解説] いいこと言います。お金の心配も大切ですが、たまに銭湯行ったり、焼き肉食べたりして、落ち着いた、平和な日常を送ること、それこそが家族の課題なんだ!というメッセージが込められてる気がします。


[補足] 社会・文化的に面白かったので、作品尊重のため、内容太字で引用しています。やや広範囲となってしまったことをお許しください。SPECIAL 70「消費税が上がるゾ」から視聴引用。
posted by アニメとど at 20:09| Comment(0) | 地デジ☆最新 | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

宇宙兄弟☆リストのルフィに吹いた(笑)

お父さん(ブルック)が、お母さん(ルフィ)に向かってものまねしようとリストを広げるのですが・・・(笑)

やっぱり、ワンピース好きな制作陣営ヽ(・∀・)ノ


もうすぐ最終回?

夏に映画続編!?
ラベル:宇宙兄弟
posted by アニメとど at 21:34| Comment(0) | 地デジ☆最新 | 更新情報をチェックする

2014年03月10日

バクマン。☆亜城木夢叶、ついに連載!!

一般の漫画と比べて、ストーリー展開が早いのが魅力です。

3年とか8年とか、線形に経っていきます。

ちはやふる、宇宙兄弟と並んで、最近のリアル系王道 三強の1つで、何度見返しても面白い。

道徳的で、夢を理解し、両性的で、ぶっとんでます。

なにより、キャラに共感できる、ところは、ちはやを凌ぎます。

週刊少年ジャンプ最強のヒューマンコメディです!


・三浦さんいいとこなし(笑)

・好きだけど ↑

・ハズレがアタリ役だった(笑)

・黒塗り(笑) ←ハンター×ハンター サザンピースに思うところあり・・・

・〝エイジ以上かもしれない〟と期待される平丸さん!

・ ↑ やりたいことと できることが一致してない(笑)

・3期で、特性と個性が合わさってきます。↑

・ワンピースとかの現実のアンケートってどうなってるんだろう??

・本望(笑)

・じょしらくで紹介される中井さん(笑)

・人間業じゃない(笑) ←アニメを見ていると、原作、一人~でやってるのか…と畏怖の念が(笑)

・アンケート結果をアクセス解析と考えると・・・

・最後のリング(笑) ←いっちゃダメだって…

・漫画 バクマンのヒロインは、漫画 疑探偵TRAPのヒロインよりカワイイ ヽ(・∀・)ノ

・ペンが、体温計(笑)

・バーニング・えーじ ?

・編集長は、入院中に書き溜めたことを〝まちがい〟だとは言ってないんだよね。

・酷い役が多いけど、今回は吉田氏

・でもないか(笑) ↑

・この原作者も、ワンピース書けない方の、亜城木夢叶タイプなのかなヽ(・∀・)ノ

・2人ともA型っぽいけど・・・

・頭脳が2つ・・・

・正しくは、えぐい王道もの!

・ギャグアビリティのステータスボーナス+αが後で効いてくる(笑)

・美女と野獣(バッドエンド?バージョン)

・超ヒーロー伝説はラッキーマン、タントはドッキリドクターかな? (モデル)

・200万倍(笑)

・〝ホントにあるんだ〟(笑)

・ ↑ 善戦すれば、わからんかったのに・・・

・泥棒猫の方が追ってる(笑)

・〝人間、真面目にやってれば なんとかなる!〟←この考え方、減ってきてるよね。

・〝今週はいっぱい売ってたー(・◇・)〟 ← キ…キツイ(笑)

・そういえば、どのヒロインも・・・(笑)

・ワンピース(笑)

・このあと・・・(プレゼントあげるのかな?)

・孫悟空vsベジータ(笑)

・ここにも、男の世界に憧れる女が一人・・・


次回はいよいよ、完結編の解説です!

おたのしみに(≧∇≦)/
ラベル:バクマン。
posted by アニメとど at 19:00| Comment(0) | バクマン。 | 更新情報をチェックする

2014年03月11日

バクマン。☆〝遠い日の約束〟ついに完結!!

ラブーーーーーーーーーン!!!!!

です(笑)

本当に良かったですね。

ワンピース好きの人が読むべき、もうひとつのワンピースと言えるのがこの作品です!

私も、このタイプの恋愛が、高度な成長プログラムになると思う派です!

ラジオのシーンは、すごかったですね。

人が本当に緊張するのはどんな時か。

愛と真剣さをテーマにして、最強の王道エンドになります。

真剣に生きたい人への、最強の名作です!!!


・〝子どもに読ませない親がいた・・・〟←視野を狭くするんじゃなくって、できることを考える…という目線がいい!!

・この頃のバイク系といえば、5D’sと弱虫ペダル?

・総票数って、変わるよね?

・〝愛は勝丼〟 ←腹が減っては戦はできぬ?

・シリアスなギャグ回のあと、ストーリーがそうなる(笑)

・プリズニャン♡ プリズニャン♡

・4位票の分析に、1票!

・亜城木くんの連載当時を考えると、白鳥君はすごい。場所とか。

・よく使われる〝諦めたらそこで試合終了〟

・その恋愛観の主人公、ジャック(ジャンプ)のバクマンの主人公(笑)

・〝もう、亜城木夢叶も終わりだわ!〟 ←事実は小説より奇なり(笑)

・〝おろかなやつめっ!〟←本領発揮!?(笑)

・2、3年(笑)

・〝ここで引いたら男じゃない〟ヽ(・∀・)ノ…byランブルボール3個さん。

・ばらまく・・・ ←ネット投稿は、面白いかつ複雑なシステムなんだよね。

・あの人リターンズ、まさかのバトル展開(笑)

・こうして、新たな友情が生まれた(笑)

・〝どうやら仲直りしたようだな〟←初見で聞き取った人(笑)

・アイデアが(笑)

・〝ネガティブにさせられなくなる〟(笑) ←奇運アレキサンドライトの法則!?

・エサ Σ(゚д゚lll)

・スーパーサイヤ人(笑)

・〝最終話とコメント〟を面倒と思った人(笑)

・競うことよりも、そこから生まれる絶大な安心感に魅力がある・・・と思う。

・いろんな結婚観があるなぁ・・・。

・黒と白の・・・

・1‐2ダースアニメ考慮してないよね。

・〝アニメ用オリジナルネーム・・・〟←ワンピース仲間の行方編は、それじゃないかな?

・ファンって一体・・・

・スレ・・・

・制約と誓約

・漫画のジャンルが・・・

・地球滅ぼすのはやめようよ(笑)

・〝会社と作家が対立した時、作家側に立つのが真の編集者〟 ←あらゆる分野と立場に言えるけど、真の公平は総合的に考える必要があるよね。かっこいいセリフ♡

・PCPはさりげに続いてる

・〝自分の意志で叶えるもの〟←自由が夢の人は、それを目指せばいい。


結婚後も見たい気はしますけど。ワンピース手に入れた後のルフィですしね(笑)
ラベル:バクマン。
posted by アニメとど at 19:00| Comment(0) | バクマン。 | 更新情報をチェックする

2014年03月14日

ハンター×ハンター☆リスキーダイスでお勉強!

これ、バブル景気と同じ仕組みですよね。

ババ抜きで例えると、ジョーカーは、持ってる時に使える、名義共通のクレジットカード(笑)


それにしても、ピトーと対峙する、ゴン君がすごかった・・・

少年ジャンプで、これまでなかった感情シーンですよね・・・(・◇・)
ラベル:hunter×hunter
posted by アニメとど at 17:00| Comment(0) | HUNTER×HUNTER | 更新情報をチェックする

2014年03月15日

ジュエルペット☆自然なリンキングを本格的に取り入れた最初のアニメ

少女は、少年と違い、ランキングではなく、リンキングを使います。

著作権法が強化され、保守的な見方の助長が見られますが、共有の設定の皆無は、作品として理解しにくく、受け入れ難いものです!料理と同じ。

で、閉鎖的なものは、色々議論が混乱します。(独白的)

私が文章を書いて思ったのは、引用で書いたものは、引用させねばならない、です。広義の意味で、逆輸入を認めよ。

例えば、あるアニメのアイデアに感銘を受けて論文を書いたとします。その場合、この思想は、あらゆるアニメ制作者に引用してもらえるように、条件を整えるべきです。もちろん、それ以外の分野にも。

統合的引用は、統合的リンキング。著作権法に触れない範囲でできるこれを特にリンキングと呼んでいます。

やはり、論文と芸術の違いですが、統合的には関係ないと思っています。これを証明したのがジュエルペットで、見習うべきところがたくさんあります。

これを見誤ると、文化は永遠に発展しません。

仮にも、日本を代表するカテゴリーなので、ここは重要です。

芸術の場合 ・〝引用元を明確にできない〟・(メロディetc.)〝アレンジ込みでも元の作品に類似し元の作品が無名で評価されていないのにこっちのほうが有名になった〟等、危ないことがあります。歌詞やセリフの一部かぶりくらいなら、いいでしょう。引用元をどっかで明示したほうがいいかもしれませんが。

権利を侵すのは、大抵、まるごとコピーするブログや、後で、こっちのほうがオリジナルで相手がパクりだと主張する場合です。

インディーズの場合、誰かの似た曲は偶然と考えたほうがよく、その上で、作り手が逆にパクリだと言われた場合、どうするかだけは、考えておいたほうが良いです。やはり、証拠になるように、最低、作品の一部に日付を明記して載せておく、のがいいでしょう。著名会社の場合、共存でも問題なければ、何もしない方がきっといいです。不安なら、ブログに、似た曲が発表されたことを明記し、全体公開しましょう。

いろいろ問題があるのですが、無名、有名と、リンキング、パクリのレベルや境界線、これらは、自分やみんなで熟考すべきです!

それを考えさせてくれるきっかけが、ジュエルペットで、リンキングをしない方向に行かない、パクリ騒動にあってもなるべく喧嘩しない、正しくリンキングする、を目指すべきです。繰り返しになりますが、そうしないと文化が衰退します。見てもらう芸術は、もはや文化です。

では、リンキングの話に行きましょう。

宇宙兄弟の〝小麦粉で大惨事!〟は、私的には、ワンピース、デービーバックファイト編のリンキングです。注目して欲しいのは、引用元(※)が分かり、明らかに元作品を侵害せず、私を楽しませてくれたことです。分からない人向けに明記しますが、宇宙兄弟の主人公ムッタは、ワンピースのコック、サンジと同じ声優です。[(※)引用した場合。先のは例。]

そもそも、なぜリンキングが成り立つかといいますと、作品ができるまでの因子が同一だからです。

アニメは、崇拝の対象にさせず、エンターテインメントや統合的スピリチュアリティ(ケン・ウィルバーの用語)を目指すべきで、著作権法に押しつぶされてはいけません。

それでも作為的にパクる人はいて、それをリンキングなどと呼ぶでしょうが、もう、私たち一人ひとりがその良し悪しを判断して 〝似ている〟〝どちらがオリジナルか分からない〟ものについては、制作者・著作者を、長期的に見て好きになれるか、と、本人への好意や連載作品から判断すべきです。

ジュエルペットきら☆デコッ!は、この思想が説得性を持って現れていて、好きです。未来に向けての作品。是非オススメします。

時代を感じる、それがアニメのいいところ!
posted by アニメとど at 17:56| Comment(0) | 著作権・引用権・商標権 (ポリシー) | 更新情報をチェックする

2014年03月16日

宇宙兄弟☆一話でルフィが出てくるインパクト

1話でルフィ崎さん(オリジナルアニメの主婦姿のルフィ)アイデンティティの、主人公母が登場します。父は、サボの父親・・・というかブルックです。

これにインパクトを覚えた人は多いはず。

もちろん、主人公のムッタは、サンジアイデンティティのサンジです!
ラベル:宇宙兄弟
posted by アニメとど at 23:10| Comment(0) | 宇宙兄弟 | 更新情報をチェックする