2017年06月22日

宇宙兄弟☆空飛ぶ自動車でリンキングの説明

グリーン(6)の言葉と世界で行っている〝統合的リンキング(6)〟を、宇宙兄弟先生♡にお越しいただいて(視点を取って)、説明展開しちゃいましょうω


宇宙って、みんなにとって身近でしょ?

例えば ドラゴンボール

宇宙が色々と出てきて、子ども心を くすぐりますよね。

〝すでに、私達の中に、宇宙が降りてきているわけです〟!!!


この、宇宙が文化に(身近に)なっている という

宇宙兄弟きっての〝いいたいこと=主題(6)〟を 〝対話的に伝える目的のために限って


空飛ぶ自動車〟〝忍者のムラサキさん〟というような 直観的に判り易い指示対象(引用参考文献扱い)を

〝ハイパーリンク〟みたいにして 作品中に反映させる

目的を持った結び付け〟が

私の言う〝統合的リンキング〟です。


きっちりとした意図と責任を伴うものです。

(たぶん、ドラゴンボールスーパーがおもしろくなっている、背中を後押ししている要因の一つです。)


判り易い例なので、挙げさせていただきましたが


〝意図も明確でないのに、タイトルをもじっただけ〟など

〝勘違い? ド下手!〟と思える〝結び付け〟が 最近 なぜなのか〝多い〟気がして

責任をむっさめっちゃか感じるので、書いときます(・∀・)


説明(8)・・・しているはずなんだけどなぁ。
タグ:宇宙兄弟
posted by アニメとど at 08:17| 宇宙兄弟 | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

宇宙兄弟☆〝人〟の意味 そして 人々・人間

通俗的(一般的)な科学技術者的世界観(りあるなすださぁ~ん♡(・∀・))で言えば

確かに〝左の線と右の線は、ヒト〟と言っちゃいますが

単なる線なので、〝ヒト〟ですね♪


小人族なども含めて、〝人間〟という意味の言葉もあります。


また、線をルートと、ベタな捉え方もできます。


基本的には、〝人々〟が〝複数の人間〟を表しますので

〝左も右も ひとりの人間〟です。


つまり個体ホロンなので

〝全体/部分〟(コミュニオンの中のエイジェンシーとしてのコミュニオン)

という捉え方が、一番簡単です♡


(ただし、今わからなくっても良い例えです。その場合は、機会があれば。)


日本国はエイジェンシー過多、アメリカ合衆国はコミュニオン過多



そして、ちゃーむな なぁすださぁ~ん♡(・∀・)のあれこれは、ここでは ふ~れないっ♪
タグ:宇宙兄弟
posted by アニメとど at 07:07| 宇宙兄弟 | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

宇宙兄弟☆ムッタは〝働かなくていい〟!!

とどの 独断と偏見です。


ドラゴンボールスーパーの〝チチ〟と まったく同じベクトルです。

〝子どもが見てるんだから、大人は働こうとしなきゃぁ、ダメだろう!!〟


ただし

〝たとえばとどが、たのしそうにみれるあにめのほうが、こどもも より そうかもしれない〟

というテーマを語れる場所が〝ここ〟なので

そういうバージョンの意見を乗せておきます(・ω・)


宇宙兄弟も、〝真剣にすらぁーっ(・∀・)と見て〟そのまま気が済むまで何回も見ることができる タイプです。

とどの〝I〟(む~ん)じゃんぷ♡(なにそれ?)っぽく (かいぞ~×) かいしゃく○ するならば

ムッタが〝宇宙飛行士になれるくらい真剣ならば、もっと堂々としていていいんだよ〟

と言ったげたいです (はぁと(・∀・))


理由は


ダメな時の就職活動(4)



宇宙飛行士としての人生(6)



〝両立不可能〟だからです。


宇宙飛行士になれるくらいの(内的・根源的・潜在的)〝ぱわぁ〟があるのならば

そのレベルの何をやっても成功する

からです。


ねっく(たまにきず)なのは、ムッタが気付いていないっぽいこと。

付加するならば、〝宇宙飛行士並みのモチベーションでできる活動がない限り、極限まで バイト(4)を探さない〟という風な感じです。 (運を溜めるため。正確には引き寄せるため。)


この感じでスムーズに流れれば、宇宙兄弟を何回も見まくれそう。


(と1巡目に書いて、2巡目を見ていると、頭はフツーにスムーズに見れていたので、やっぱりあっても構わない・・・かも(・ω・) りすとらのえぴそーど あんどもあ)

(実際には、ムッタクロース以降 〝宇宙飛行士一直線のムッタ〟に近い描写主張が成されているんですね~。 ――落ちた時に〝就職活動〟なる〝意味と行為〟は 予想だにしなさそうなもの含み 〝どうしたのだろうか?〟 ――私なら 自分で切り開かなくてよい[社会に安泰な]とき以外は ・・・以下略)
タグ:宇宙兄弟
posted by アニメとど at 07:02| 宇宙兄弟 | 更新情報をチェックする